読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kino's blog

東電福島第一原発事故に関する事柄を中心に、雑感などを書き残していきます。 ライター・木野龍逸(きのりゅういち)のブログです。「検証 福島原発事故記者会見2ー収束の虚妄」(http://amzn.to/YxZqdi)

東電が新設した「原子力安全監視室」室長に就任予定のクロフツ氏略歴 2013年5月15日

東電は2013年5月15日に、取締役会直結の内部規制組織「原子力安全監視室」を設置することを発表。同室は、3月29日に東電が発表した「福島原子力事故の総括および原子力安全改革プラン」に記載された、経営層への監視・支援強化策として、取締役会のリスク管理強化を狙ったもの。執行側から独立した第三者の立場から執行側の原子力事業の運営を評価して取締役会に報告したり、社長や原子力部門に対して監視、助言をするという。

とはいえ15日の東電会見では、同室による意見が出ても、取締役会や社長、原子力部門には従う義務がないこともわかり、存在意義に早くも疑問符が浮上。同室には外部からも人員を招聘するというが、その数は、約20人予定されている人員のうち4分の1程度に留まる。これで実効性、透明性が確保されているかというと、なんとも。。。

東電は会見で、室長に就任予定のジョン・クロフツ氏の略歴を配布。サイトには上がってないみたいなので、転機しておきます(なんで公表しないかな)。それから、1972年から20年間の履歴がすっぽり抜けてるし、略歴っていえるのかなあ。

 

ジョン・クロフツ John Crofts

生年月日 1948年7月15日

出生地 英国

1969年 Warwick大学(英国)卒

1972年 核物質固相高温化学博士号取得

1995年〜2000年 Hunting−BRAE(AWEオルダーマストン施設の運営会社) 安全・保証担当役員

2000年〜2007年 UKAEA(英国原子力公社) 安全・保証担当役員

2007年〜2008年 SBB(英国の廃止措置のためのコンソーシアム) 安全・保証担当役員

2009年〜2013年 NMCL(原子力安全に関するコンサルタント会社)入社 NNB GenCo(フランス電力公社の原子力新炉建設子会社)の原子力安全委員会メンバー

 

こうしてみると保証担当役員が長かったみたい。核不拡散とか情報管理とかが主な任務だったんだろうか。東電はこの略歴を配布しただけで、実際の業務内容について詳しい説明はしなかったです。